Top
馬 Horse
馬具 Horse Tack
甲冑 Armor
武具 Equipment
馬上武芸 Horseback Matialarts
イベント Event
検証 Review
Link

 検証
 これまで馬、馬具、甲冑などに関して定説とされてきた事柄が、果たして事実なのかどうか実際に検証していきます。

 ◇ 鳩尾板、栴檀板の働き

 
 鳩尾板、栴檀板は弓を引いた際、刀を振り上げた際に側面を向き鎧の隙間を守る、という説がりますが、実際に弓を引いてみてもそのような挙動は示さないため、杏葉と同じく単に高紐を守るためのものだったのではないか?と推測しています。
 
     
2014/2/28 追記
 押捩りの写真を見いて(2枚は別々の日に撮ったものです)、鳩尾板が胴の隙間をカバーしていること気が付きました。体を左側に捩じることで鎧も捩じれ、肩上部分が胴よりも左側にずれることでこのようになっています。以前は横射の状態でしか見ていなかったのでこの説は間違っている、と思っていましたが、間違いではなかったと思い直しました。但し「日本の甲冑武具辞典」P44の絵の状態とは少し違いますが。

 即ち鳩尾板と栴檀板は高紐や脇を守るもので、栴檀板が小札の威しになっているのは太刀を振ったり弓を引く際に胴と馬手に変な角度で挟まって馬手の動きを阻害しないようにするためではないかと推測しています。
 

 

 ◇ 弦走韋の役割

 
 弦走韋は矢を射る際、弦が胴の札に引っかかることを防ぐためのもの、とされていますが、馬手の拳を胸に当てるぐらいの姿勢でもないと弓弦は胴には触れません。仮にそのような姿勢で射ても、胴の札より鳩尾の板のほうが邪魔になります。考えられるのは、前九年合戦絵巻・金為行のように射向けの姿勢で弓を寝かせて矢を番える場合。胴の前に弦がきます。馬上でこの姿勢で弓を番える場合、胴の前の空間はとても狭いのですが、そこで弦を引いたりすればひっかかる可能性もあります。弦走の革が弓弦に関係あるとすれば、弓を引くときより矢を番えるときにひっかからないようにするためではないでしょうか。
 
 

 
 
 水干上腹巻で騎射を行いましたが、弓を引いても弦は胴にかからず、弦走革が無くても問題ありません。思い切り引けばかかるかもしれませんが、大鎧で兜を被った状態では吹返しが邪魔でこの程度しか引けません。
 
 
 

 ◇ 大鎧の発手を鞍にのせる、という説

 
 馬上では大鎧の発手を鞍の前輪、後輪にのせ重量を馬に分散させるため楽になる、といわれておりますが、大鎧の前後の発手のピッチと鞍の前輪、後輪のピッチが合っていないとのりません。初期の大鎧の御着長の場合のみ当てはまるのかもしれませんが。但し発手の表面はツルツルしているので安定するとは思われず、また速歩以上では立ち透かすのでのりません。発手云々に関係なく、単に徒歩より馬上のほうが楽、ということではないでしょうか。
 
 

 

 ◇ 手形の役割

 
 平治物語によれば鞍の手形は源義平が寒くて鞍が凍り、掴みにくいので小刀で削ったのが始まりとされていますが、馬手側に手形があるのは、日本では馬手から馬に乗る、という説と矛盾しています(戦場に於いては右からでも左からでも乗れないといけないと思われますが)。むしろ手綱をかけて置くための工夫かもしれません。
 
 

 

 ◇ 和種馬の体力

 
 和種馬はその小柄な体型から甲冑武者を乗せるとよたよたとしか走れない、と誤解されていますが、約3.5kmをノンストップで速歩、駈歩で問題なく走り続けられることを確めました。機会があれば何処まで走り続けられるか確認してみたいと思います。
 
 

 

 ◇ 大鎧追者射一騎打ち

 

 これは検証というよりそんなものか試してみただけですが、大鎧による追者射一騎打ちを行ってみました。安全のために神頭矢の先にゴムボールを取り付けています。
 早く射ると中らないのでぎりぎりまで引付けて射ますが、その間ずっと自分の矢壺を敵に晒すことになるので非常に恐ろしいです。自分が中てても敵にも中てられる可能性があり、敵が外してくれるの期待するしかないので非常にリスキーな戦いです。勿論今回は使用した矢は重たかったため矢の速度が遅く飛距離も出ないので実際の戦闘とは違うと思いますが。
 大鎧2騎と落ち着いた馬2頭と幅広の走路が必要なうえにあまり安全とは言えないので気軽にできる実験ではありませんが、まだまだ試してみる価値はあると考えています。
 
 

 
 

日本甲冑騎馬研究会

Copyrights (c) 2009 Nihonkattyuukibakenkyuukai All Rights Reserved.